メニュー

夏は涼しく、冬は暖かく、光熱費がかからない家

ZEH・ゼロエネルギー住宅とは、住宅の省エネ性能を高め、太陽光発電システムを設置し、年間のエネルギー消費量が実質ゼロとなる住宅のことを言います。
創ったエネルギーが家で消費したエネルギーを上回る、高機密高断熱の高性能住宅であることが必要条件となります。エネルギー収支をプラスにすることが可能になります。

ZEH・ゼロエネルギーの仕組み

ZEH住宅では、壁や窓などを高断熱性能のものにする、空調や照明などを高効率のものにする、などして省エネを行った上で、太陽光発電などにて省エネを行います。
またHEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム:各電気機器をコントロールして最適な状態に制御するシステム)の導入や、電力を貯める蓄電システムの導入も省エネにつながります。
※蓄電システムがなくても、ZEH申請はできます。

ZEH・ゼロエネルギー住宅のイメージ

ZEH目標公表資料

ZEHの周知・普及に向けた具体策

自社ホームページやイベント等ZEHの紹介やメリットについて紹介し、エンドユーザーへの周知・普及に努め、順次建築予定者への説明・提案をおこない、ZEHの採否については契約者の判断に委ねられるが、2025年度までには供給戸数に対しZEH普及率を75%に引き上げます。

ZEHのコストダウンに向けた具体策

自社の建築戸数をZEH仕様へ引き上げ、ZEH戸数を増やすことで、高断熱商品や高効率設備の安定的な採用により、各メーカーのコストダウンにつながれば、建築コスト全体のコストダウンにつながる。

その他の取り組みなど

自社のスタッフについて、設計・施工に関する行政主体の勉強会など、各メーカーが開催するZEHに関する勉強会へも積極的に参加し、スタッフのスキル向上につなげ、建築予定者への提案・採用につなげていきます。

ZEH普及目標と実績

ZEH普及目標 実績
2017年度 15% 0%
2018年度 20% 0%
2019年度 25% 0%
2020年度 50% 1.2%